光熱費をとことん節約するために

生活をしていくなかで、光熱費を切り詰めるのはとても難しいと思いますが、私は独り暮らしでガス代をニ千台、電気代は基本料金だけに抑えることが出来ています。その秘訣は料理方法や入浴の仕方にあります。

日本人なので煮物料理などは食べたいですし、よく作っています。このとき大切なのは煮込まないことです。煮込まないと味が染みないから美味しくないと思われている方も多いと思いますが、それはその日に食べてしまうからです。つまり、翌日作る分を前日に作り、一晩寝かせることでしっかりと味を染み込ませることが出来るのです。鍋に入れる前の調理方法にも一工夫すると更に光熱費下げられます。それは、必ず電子レンジで食材を加熱することです。こうすることで火の通りも早くなり、ガスを使用する時間を短縮することが出来ます。

しかし、ガス代が最も心配されるのはお風呂ではないでしょうか。ほとんどの場合はシャワーで済ませますが、どうしても湯槽に浸かりたいときはバスタブに熱めのお湯を少量溜めて、砂を入れてキツく蓋をしたペットボトルを10本ほど入れて重みを加えることでお湯を多く見せています。そうすると少量のお湯でも半身浴することができます。ペットボトルに水を入れるとお湯の温度が下がるので砂にするのがポイントです。